マンションを貸すことにしたのは正解でした

転勤から戻ったらまた住めるいい方法

今でも自分のマンションを見に行くことがありますが、外見から見ていると特に問題は無いという事が分かります。
自分は特別に丁寧に使うけれども他人は使わないというような事をするわけでは無く、ほとんどの人が同じような使い方をしているわけで、そのような自分と他人は違うという発想をする事自体の方がおかしな事です。
確かに老朽化は進んでいるという事は感じる事はありましたが、それは自分が使用していても同じようになっていたわけで、特に気にするような事ではありません。
転勤が終わって返ってくる時には、自分のものになっているかどうかはまだ分かりませんが、その時にはその時の対応をすればいいだけの事です。
これまでの賃料収入のおかけで様々な事をする事が出来るだけの資金を得ることが出来たという事がありますから、これは大きな武器を手に入れたという事もあます。
お金という物もそうですが、経営という考え方をする事が出来るようになり、お金を獲得する方法を覚えたという意味でもこのマンションを貸すという事の意味は大きかったという事があります。
これからの人生において一つの武器を獲得したという事を実感しています。

せっかくマンション買ったのに転勤になったオーナー業務は不動産屋さん任せ転勤から戻ったらまた住めるいい方法マンションを貸すことを検討しています